2019年1月4日金曜日

Happy New Year 2019!



謹賀新年。

昨年も、たくさんの方に支えていただいて、こうして新年を迎えられたことに深く感謝しております。

今年もヨロッコビール を宜しくお願い致します!


本日1月4日よりブルワリーでは作業を開始。
今年も安全に、美味しいビールをたくさん造れますように。


今年は「亥年」ですね。
開業当初からのヨロッコビール の瓶のラベルにも、イノシシが描かれています。


猪突猛進という言葉もありますが、自分たちの足元をよく固めながらも、目指しているビール造りに向けて真っ直ぐに、そして謙虚に進んでいきたいなあと思ったお正月でした。


2019年は、ヨロッコにとって、たくさん の変化の産まれる年になりそうです。


すでにご存知の方もいるかとは思いますが、この3月にはブルワリーの移転が控えています。

オープン以来6年間お世話になったここ逗子の工房から、鎌倉市のもう少し広い場所へとブルワリーを移します。

この場所でも、たくさんの出会いやご縁がありましたが、どうしてもいまの場所の設備や広さでは、自分たちが思うようにビールを造れず、量的にもビールを十分に供給できず、ローカルブルワリーとして歯痒い想いをすることが多々ありました。

ですので、ブルワリーの移転はここ数年の悲願でもあり課題でもあったのです。


昨年の春に、とあるきっかけからご縁を頂いて、鎌倉市内でもともと材木屋さんが加工場として使われていた 物件に巡り合うことができました。



ご縁についてはここでは割愛させて頂きますが、本当に大家さんご家族は、僕らがやろうとしている「ローカルブルワリー」ということにとてもご理解をいただいて、感謝するばかりです。

今は着々と工事を進めているところです。





だいぶブルワリーっぽくなってきています。


工事においても、一昨年の収穫祭からご縁を頂いた逗子の工務店「コアハウズ」さんから全面的なサポートを頂いて、とても心強く進めさせて頂いてます。

そもそもは、僕の古くからの友人がコアハウズさんで大工として働き始めたのがきっかけですが、他にもたくさんの繋がりがあって、ローカルなご縁に感謝するばかり。


7年前に、この逗子の工房を立ち上げた頃は、見よう見まねのDIYでしたが、今回は限られた予算の中ではありますが職人さんたちに最高の仕事をして頂いていて、見ているだけでワクワクします。

全ては「美味しいビールを造るため」なので工事に見とれているだけではダメなのですが、たくさんの想いの籠もったブルワリーになるはずです。






そして更にご縁は重なります。

昨年の3月に参加させて頂きました志賀高原ビールさん主催の「SNOW MONKEY BEER LIVE」。

その場で、大阪の箕面ビールの香緒里さんに久しぶりに再会しました。

香緒里さんから、その時に言われたのが、「うち(箕面ビール)で使っているブルーハウス(仕込み釜)を今度入れ替えるから、良かったらヨロッコ さんで使いません?」というお言葉。


当時は、もっと広い場所に移転したいな、もっと醸造量も増やしたいなと思ってはいたものの、場所も決まってないし、移転となれば設備を入れ替えるのにも予算がかかるし、ヨロッコには会社としてそんな準備も体力もできてないよな、というような状況でした。

だから、香緒里さんにそうやって言って頂いても、心の中では最初は、「まだうちには無理かな〜 」と弱気で諦め気味。


ただ香緒里さんと話すうちに、「うち(箕面ビール)もビール業界の横の繋がりや、たくさんのご縁に支えてもらっていて。だからこうして繋がりのあるヨロッコさんにそれを繋げられたら。それが業界にとっても、良いことになるだろうし。私たちとしても嬉しい。」というようなことを言ってくださって、それが本当に心の中で響いていました。


その場ではちゃんと返事できなかったのですが、結果的に、その香緒里さんの言葉と気持ちに後押しされて、物件についても話が進んで、他の諸々のことについても事が進んで、今回の移転へとなりました。


その後は、大阪に何度か足を運び、設備を詳しく見させてもらったり教えてもらったり、連絡を重ねました。

こんなデカい釜、ヨロッコに納まるんかいなと思いながら。

ブルーハウスの大きさは、今のヨロッコの仕込み設備の約8倍!
1仕込みで出来るビールの量も、約8倍ということで、大丈夫かな…と今でも不安です笑。


ただ、香緒里さんとはBotanical Beverage Worksの田口さんをご縁に繋がっていて、田口さんと生前によく飲んでいた頃から、香緒里さんのことはしょっちゅう伺っていて、なんだかこれも田口さんに導かれているのかなーと感じています。

だから田口さんにもダメ出しされないような、ブルワリーになりたいなと。


そして、そんな大きなきっかけを与えてくださった箕面ビールさんには、本当に感謝です。
ブルーハウス引き継がせてもらって、大切に美味いビール造ります。



こんな風に、たくさんのご縁が重なって相成った今回の移転ストーリー。
書ききれていませんが、他にも本当にたくさんの人の手助けがあって、もう少しで新しいスタートを切れそうです。


移転の準備を進める中で、一番身にしみて感じたのは、これまで続けて来る事ができたことへの感謝。
先にも書きましたが、ヨロッコを開業したときと比べたら、本当にたくさんの繋がりが増えていて、本当に助けられています。それもこれも日頃からヨロッコビール を飲んでくださっている方たち、繋いでくれているお店さんたちのサポートがあってこそのことだと感じています。
地元の友人・仲間たちからも常にサポートと刺激をもらっていて感謝。
クラフトビールの横の繋がりにも本当に感謝。

これからも、もっとたくさんの人に、ローカルブルワリーとして、日々の暮らしにささやかな喜びをお届けできたら、また楽しみの選択肢を増やせたらと思っています。


ブルワリーは鎌倉に移転しますが、逗子にも何かスペースを残せたらなと画策中です。


これまでより、もっと色んな方にビールを届けたり、もっと色んなことに挑戦できたり、そんな一年にしたいと思っていますが、まずは足元をよく見て、一歩ずつ進んでいきたいと思います。


ブルワリーにもスタッフが増え、"Love"と"Passion" と”Attitude"をモットーに、一丸となってハッピーなビール造りに勤しみたいと思います。


2019年も、益々「DRINK LOCAL」でお願いいたします!



 
 

2018年8月8日水曜日

TAp Room Schedule Aug 2018

8月のタップルーム(at Beach Muffin cafe)の営業予定です。

11(sat)    12:00~21:00
12(sun)   12:00~18:00
13(mon)  12:00~18:00
14(tue)    12:00~18:00
15(wed)   CLOSED
16(thu)    Cafe 営業 ※ビールも飲めます
17(fri)      Cafe 営業 ※ビールも飲めます
18(sat)     12:00~21:00
19(sun)    12:00~18:00 

25(sat)    12:00~21:00
26(sun)   12:00~18:00


毎年ですが、お盆の時期などに、タップルームと醸造所を間違える方が多数いらっしゃいます。 

タップルーム(ビーチマフィン)の地図は、ここをクリック!

お間違いのないよう、よろしくお願い致します。

また、ブルワリーでのボトル販売ですが、おそらくお盆期間中は売り切れとなると思います。(8/8現在、残り5ケース)
次のボトルリリースは、8月末の予定です。

ただ、ボトルは毎回少量ですので、売切れとなった場合はご容赦ください。

また、ビーチマフィンスタッフはボトルの在庫状況を知り得ませんので、ビーチマフィンへのボトル在庫状況のお問い合わせはご遠慮ください。




Web Magazine Colocalにて、ヨロッコビールを取材していただいてます。

https://colocal.jp/topics/think-japan/kamakura/20180807_116038.html


よかったら、ご覧くださいませ。

2018年6月6日水曜日

Tap room schedule June 2018

6月のYorocco Tap Room (@Beach Muffin cafe) の営業予定です。

9(sat)  12-21PM
10(sun)  12-18PM

16(sat)  12-21PM
17(sun)  12-18PM

23(sat)   12-21PM
24(sun)  12-18PM

30(sat)   12-21PM



2018年4月26日木曜日

GW 2018

今年のゴールデンウィークの営業予定です



ボトルが売り切れた場合は、ご容赦ください。


5月2日には、逗子海岸映画祭に出店します。

詳しくは、こちらの映画祭サイトでご確認ください。

https://zushifilm.com/

2018年4月12日木曜日

"Barrel Saison 2018"



"Barrel Saison 2018"   375ml   ¥1500

<please scroll down for web-ordering.>

明日13日金曜日よりブルワリーにて販売いたします。

ワイン樽で12か月熟成したビールです。
ブレタノマイセスという野性酵母が特徴的なフレーバーを産み出しています。
木樽からのウッディなニュアンスも。


ボトルのラベルアートワークは、ヨロッコではお馴染みのNaomi Kazamaによるもの。
http://www.experimentalwaltz.net/awashi.html 

オリジナルは、阿波和紙にプリントされています。


阿波和紙について


平安時代に空海が遣唐使として今の中国に渡り紙漉の技術を日本に持ち帰る。


吉野川の豊潤な水と、和紙の原料となるコウゾが原生しているこの地に手漉和紙が伝わる。



 当時は上流の武士や公家のみが使用していたが、江戸時代の大衆文化の繁栄と関西という経済圏が近い理由から、


250軒近くの手透き和紙工場がこの地にあった。



 明治維新によって手透きでは需要を満たすことが出来ず、洋紙が到来。その安価で使い捨てしやすい物に時代はとっては変わり、


この辺りで今となってはこの一軒が阿波和紙を未来に繋いでいる。

 <Naomi Kazama HPより抜粋>




ざらついた和紙の上では、インクの動きが特徴的だと話してくれました。





 僕には、木樽の中で活動を続ける酵母や菌たちのイメージとかぶるようにも思えます。



このビール、すぐに楽しんでいただくことはもちろんですが、しばらく寝かせても面白いと思います。 



※4/18 締め切りました。

【Web-Order】

本数限定ですが、web上でのオーダーも受け付けます。

恐縮ですが、3本セットのみ、お一人様2セットまでとさせて 頂きます。
Only "3 bottles set" is availlable for web-ordering. Max 2 set PP.

ビールの価格プラス、下記の送料と箱代実費(¥200)が発送に掛かります。あらかじめご了承ください。Shipping (depends on your address) and box fee (¥200) also charged.

【1set(3本)ご注文のかた】

①関東・東海・信越・北陸・南東北(宮城/山形/福島)Kanto,Tokai,Sin-etsu,Hokuriku,South-Tohoku    ¥4500+¥918+¥200=¥5618
②関西・北東北(青森・岩手・秋田)Kansai,North-Tohoku                  ¥4500+¥1026+¥200=¥5726
③中国       Chugoku                                       ¥4500+¥1134+¥200=¥5834
④四国       Shikoku                                       ¥4500+¥1242+¥200=¥5942
⑤九州・北海道     Kyushu,Hokkaido                                  ¥4500+¥1350+¥200=¥6050


【2set(6本)ご注文の方】

①関東・東海・信越・北陸・南東北(宮城/山形/福島) ¥9000+¥1242+¥200=¥10442
②関西・北東北(青森・岩手・秋田)                  ¥9000+¥1350+¥200=¥10550
③中国                                              ¥9000+¥1458+¥200=¥10658
④四国                                              ¥9000+¥1566+¥200=¥10766
⑤九州・北海道                                      ¥9000+¥1674+¥200=¥10874



なお、未成年者の注文は固くお断りいたします。

お支払い方法は、ゆうちょ銀行へのお振込となります。
注文確認メールに記載がありますので、ご確認ください。


ご入金確認後、1週間程度での発送を予定しています。
宜しくお願い致します。







}

2018年3月31日土曜日

今週末のタップルームスケジュール

Tap Room Schedule:
31(sat)   17:00~22:00  Release Party!   ※通常の営業は御座いません
1(sun)    12:00~18:00

よろしくおねがいいたします。

2018年3月29日木曜日

"Back to Back"!!!




 「一緒にビール作ろうか?」

佐藤さん(志賀高原ビール)から、そんな連絡が来たのは、1月の半ばくらいでした。


 その少し前に、今年のSNOW MONKEY BEER LIVEへ誘っていただいていて、舞い上がっていた最中でした。どうせ初参加するなら、SNOW MONKEY用で何かコラボのビール作ろうぜっていう佐藤さんからの温かな提案。だけどあのときの「ドキッ」とした感じは、一生忘れない気がします。




時を遡ること約4年半…。2013年。



僕は志賀高原ブルワリーを初めて訪問しました。
仲の良かった田口さんに連れていってもらい、志賀高原ビールの「収穫祭」に 参加したのでした。
といっても、ただビール飲んでただけですけど。




 今はKBC(京都醸造)のクリスに初めて会ったのもこの時でしたし、


T(車×3)さんのブルワリーツアーで志賀山文庫(現THE FARMHOUSE)から醸造所までピストン移動したり、


松澤さんの料理に舌鼓を打ったり、





翌朝は、人生でもトップ10に入るくらいの二日酔いでしたが、佐藤さんにブルワリーを案内して頂いたり、城端の山本さんと、憧れのバレルルームを見せてもらったり、いま思い返しても、なんとも貴重な時間を過ごさせてもらったのでした。

忘れられない思い出です。


当時のブログに、そのときのことを記しています。なんだか青臭くて照れくさいような文章ですが…
http://www.yorocco-beer.com/2013/11/a-visit-to-north-great.html



「ゆるぶる」にも、僕の間抜け顔が…
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/blog-date-201311.html#2398



このときが、佐藤さんとの初対面のとき。



当時のブログからも、僕がどれだけ志賀高原ビールから影響を受けたかということは伝わるかと思うのですが、そんな僕らが数年後に、憧れの志賀高原ビールとコラボしてビールを造るということなんて、全く想像だにしてませんでした。



音楽で言ったら、憧れのミュージシャンと一緒にスタジオに入るような感じです。

もちろん嬉しさはありましたが、それ以上に緊張というか、内心ではビビりまくりでした。だって、憧れのあの志賀高原ビールですよ。うちなんかに、何ができる?



ともかく、内心ではビビりながらも、佐藤さんとコラボについて話は進んでゆきます。


佐藤さんもよく書かれていますが、僕らにとってもやはり「コラボ」って特別です。

とくに海外だと、挨拶代りや、話題集めがメインの目的みたいなコラボもあって、それはそれで悪いことだとは思わないのですが、僕らがやるなら、がっつり両者のスタンスやポリシー・特徴がミックスされたものにしたいという思いがありました。



僕が思う、志賀高原ビールとヨロッコの共通点の一つ、「原料愛」。
あと、それとも通ずるのですが、セゾンもしくはファームハウススタイルへの愛。
(断っておきますが、うちなんかより志賀高原ビールさんの方が、全く以て先を行っているという前提で)



ビールに使う副原料に対し、志賀高原ビールは明確なスタンスを持っておられます。

それは、原則として自分たちで栽培したもの(もしくは近所で穫れたもの)しか使わないということです。


コラボのお話をいただいたのは、1月の半ば。
こちら(逗子あたり)では、柑橘のシーズンです。


前にも書いてますが僕は「ゆるブル」 のヘビーな読者なので、志賀高原ビールが過去に作ったビールはだいたい知ってるつもりなのですが、はて、思い返しても柑橘を使ったビールはなかったような…。


それもそのはずで、長野は逗子よりかなり北なので、柑橘はほぼ穫れないということで、イコールこれまで柑橘を使う機会がなかったはずだと。


だったら、今回のコラボは柑橘がいいじゃん!ということで、アイデアをしたためて佐藤さんに伝えたところ、「やろう!」とのご返事。


ですが、ヨロッコの1バッチ(一回のビールの仕込量)が約240リットルであるのに対し、志賀高原ビールの1バッチはおよそ3000リットル!!


柑橘だって、いつもの10倍以上が必要ってことになります。

どうやって調達する??



こんなとき、頼れるものは地元の仲間ということで、いつも夏みかんを穫らせてもらっている友人の実家の裏山的な場所へ行くと、




B2B Tree!


背丈は電柱を越えそうな、たわわに実をつけた1本の木が。


 交渉してオッケーを貰い、またすぐに佐藤さんに連絡。
このコラボを通して、佐藤さんと何通のメールをやり取りしたかは数えきれません。


ここからは製法(柑橘をどう使うか?など)とレシピの吟味。


最初の時点で決まっていたのは、「夏みかんを使ったセゾンスタイルのビール」ということだけ。

そこに、どう肉付けしていくかというのが、コラボの真骨頂の一つだと思います。

毎回僕なりに熟慮して考えを投げかけて、それを佐藤さんがキャッチしてくれ、また更に踏み込んだアイデアになって返ってきてという、スリリングだけど、興奮度の高いキャッチボール。



実際の夏みかんの収穫だって、僕らでやりますよって言ったのに、わざわざ逗子(収穫地は葉山)までいらしてくれて。







 このとき、ヨロッコのブルワリーにも少し立ち寄ってもらって、一緒に夏みかんを計量し(なんと、当初100kgを見越してましたが、実際に穫れた量は220kg!!)、その後、すぐに梱包して、長野は志賀高原のブルワリーへ発送。


佐藤さんと、うちのみんなで遅めの昼食を逗子で食べ、一旦お別れし、またすぐ次の日に今度は志賀高原のブルワリーで会うという笑。


もう、楽しくて、嬉しくてしかたなかったです。















1日目は、届いた夏みかんをみんなで下処理。
志賀高原ビールと玉村本店(酒蔵)のみなさんも登場して。

最初は下処理も全部僕ら(ヨロッコ)でやりますよなんて佐藤さんに言ったのですが…ハハハ。ぼくの考えが甘かったです。

多い時には、7〜8人がかりで、やったのですが、それでも初日に下処理できたのは半量くらい。

その間も、並行して通常の仕込み作業は進んでいるので、その辺りもいろいろレクチャーして貰いつつ。
それだけでも、ブルワーとしては、ものすごい情報量なのです。



夏みかんの果皮を剥いて、果汁を搾るというのは、単純だけどなかなかの重労働です。しかも220kg! 手首が痛い。。

途中、気が折れそうになるときも、志賀高原・玉村本店の皆さまとのしょうもない?冗談話で何とか乗り越えられたような(三宅さん、本当にありがとうございました!)。


ただ、そうした作業中も、スノーモンキー当日に向けて、さまざまな話し合いと手配が進んでゆくのが印象的でした。 


作業を終えたあとの、THE FARMHOUSE(志賀高原ビールのタップルーム)でみんなで飲んだビールが美味かったこと。

夜中にブルワー大庭くんと入った共同湯も、忘れられません。










翌日の仕込み本番を無事に終え、帰り道のなんとも高揚した気持ちも忘れがたいのでした。





その後も、経過についてのやり取りは続きましたが、基本的には僕らがタッチしたのは仕込みの日までで、その後は志賀高原ビールの皆さんが、このビールを育んでくださいました。

http://slowbrewing.blog104.fc2.com/blog-entry-3999.html
詳しくはこちらを↑












"BACK TO BACK"という名前も、THE FARMHOUSEでの夜に決まったような記憶。


ビールの名前や、ボトルデザインについてのやり取りだけでも、相当に楽しかったのが今回のコラボです。








ビールの仕上がりとともに、いよいよ迎えた”SNOW MONKEY BEER LIVE 2018"。

僕らはこのとき初めて、このビールを口にしました。

OPEN前に佐藤さんと。


BACK TO BACK!  嬉しくて、志賀高原のブースに行っては、こればっか飲んでました。








この2日間は、夢のような時間でした。
轟さんとBACK TO BACKで乾杯した瞬間とか最高だったなあと今でも想います。



終わったあとも、2日間ほど志賀高原に残っていました。

シカゴから来ていたPIPE WORKS BREWINGとのコラボを見学しながら、佐藤さんにホップ畑や酒米の田んぼ、酒蔵、はては◯◯◯予定地まで案内してもらったり。

僕らより、絶対疲れているはずなのに、そんな様子を微塵も見せない佐藤さんは、この頃から僕の中で「超人」的な存在に。




結果として、スノーモンキーの会場でも、この”BACK TO BACK”は大好評で、ボトルもたくさんの方が買ってくださって、本当に嬉しかったのです。心のなかでガッツポーズしてましたよ。


もちろん、僕自身もスノーモンキーでもTHE FARMHOUSEでも、帰りの電車でも、そして自宅でも、何度も飲んでますが、夏みかんの果皮や果汁の様々な味わい、スペルトなどの穀物の味わい、そして志賀高原らしいホップの味わい、色んな要素が絡み合っていて、飲む度に発見があるし、本当に飲み飽きしないビールだと思います。



ヨロッコだけで作ったら、もっと単調なビールになっていたでしょう。
志賀高原のブルワリーシステムはうちよりだいぶ巨大で先端的で、パソコンで操作したりするんですが、だからってSOULが薄れることないのは、それを操る人が本気だからで、本当に細かいとこまで気が回っていて、それっていうのはこれまでずっとビールと向き合ってきた人だからこそできることで。
佐藤さんの昔話も今回いろいろ聞けたりして、スタートアップの頃は、うちとあまり変わらないような部分もあったりで。


志賀高原ビールのエッセンスが、今回のコラボビールにもたくさん詰まっていて、本当にその経験の深さとレシピの精密さと大胆さと、それを実現する技術力とチームワークと…って挙げていくとキリがないんですが、 そんなもの全てが一筋通ったブルワリーのスタンスとなって体現されているんだなあと。
うちなんて、まだまだヒヨッコだあ!とおもった次第です。当たり前だけど。


そして、僕みたいな小僧がいろいろと無配慮なことを言ったりするんですが、そんなのも引っくるめて受けとめてくれる佐藤さんってかっこいいよな〜と、僕もそんな「大人のおとこ」にいつかなれるんだろうか?


と最後のは余談ですが、およそ2か月くらいに及んだ今回のコラボレーションで、いちばん嬉しかったことは、「志賀高原ビールのみんなと一緒に美味いビールを造れたこと」!


何じゃそれって思うかもしれませんが、ふだんは自分たちだけでビールを造っていて、それでも美味いもの・いいものが造れたときは十分に嬉しいのですが、だれかと一緒になって やれたときは、もっともっと嬉しくて、その喜びも分かち合えて、倍増するような感じです。


あ、そういうのがコラボレーションってことなんだっけ?


 そんなコラボの喜びと、プロセスの楽しみ。
僕らみたいな小さく若いブルワリーをフックしてくれて、そんなチャンスを与えてくれた「SNOW MONKEY BEER LIVE」と志賀高原ビールのみんなと佐藤さんに、本当に感謝です。

一生の宝物みたいな経験でした。


また、いつかやれたらいいな!







今週土曜日が、一旦その締めくくりで、逗子での"BACK TO BACK"リリースパーティ。



ヨロッコタップルームにて。

 "BACK TO BACK"の樽はもちろん、他にも志賀高原ビールの樽もあれやこれやが繋がります。

DJには、スノーモンキーでも一緒だったホテルニュートーキョーの今ちゃん。

そして志賀高原ビールの佐藤さん!

前座はわたくしが務めさせていただきます。はやく選曲しないと!

本当にBACK TO BACKできるかも?

この日は、楽しみますよ。
みなさんぜひとも!




The FARMHOUSEでB2B




 一旦その締めくくりって書いたのにも訳があって、木樽にも何樽か入ってるんです、こんかいのビールが。



佐藤さんと僕らとの縁を繋いでくれた田口さんのスピリットとともに。今回のコラボもなんだか彼に導かれたような気がしてならないのです。


愛着と、想い入れたっぷりのこのバレルたち。

製品化まで1年なのか2年なのか分かりませんが、どう化けるのか楽しみです!


そうそう、楽しみは引っぱって引っぱって、あいだに色んな要素を詰め込んで、先に引っぱるほど楽しいんだよな〜というのも、こんかいの一連の体験で教わったような。
本気で遊ぶって大変です。









宴席で、めちゃくちゃ美味しく頂いたお酒。玉村本店の「縁喜」。




 B2Bの仕込みで伺ったときに、佐藤さんがお土産でくれた"縁喜"の酒粕と、山伏。酒粕をトーストして合わせたのですが、この組み合わせは、かなりの新体験でツボでした。よく考えたら、おなじ酒米を使ってるんだから当たり前なのかな〜。only in Japanだと思います。




オマケ。うちのモンキーと。

















 最後になりますが、玉村本店/志賀高原ビールの佐藤さん、轟さん、松澤さん、佐々木さん、大庭くん、中村くん、北條くん、三宅さんを始め皆々様、The FARMHOUSEの皆さま、
ほんとうにありがとうございました!
またすぐに遊びに行きます!

そして、夏みかんを提供してくれたコージくんと、
ボトルの題字を提供してくれたケミーくんにも大感謝を。