2017年4月27日木曜日

G.W Schedule...



ゴールデンウィーク中のタップルーム等の営業予定です。

(もしもビールが無くなったりしたら、変更になる可能性はあります。小さなブルワリーですのでご容赦ください。)

タップルーム(@ビーチマフィン)をご利用予定の方に一つお願いがあります。

ビーチマフィンは小さなカフェです。そしてその落ち着いた雰囲気が一番の魅力だと思います。
毎年ゴールデンウィークなどの連休中はたいへん混雑することがあります。

席数も限られてますので、どうか譲り合ってご利用いただけたらと思います。

また、大人数のグループでのご来店には適さないお店だと思います(あくまで僕個人の見解ですが)。ローカルの方もビジターの方も、そこは自重して頂けたらと思います。

どうかご配慮よろしくお願いいたします。


恒例の、逗子海岸映画祭にも下記の日程で参加させて貰う予定です。
(こちらも一日中ではなく、持っていった樽が無くなったらその日はおしまいという感じになると思います。)

来たことのある方はご存知だと思いますが、5月とはいえ、夜の海岸は寒い!!です。
ダウンやブランケット等の防寒具があった方が良いと思います!

詳しいスケジュール等はこちらを→ https://zushifilm.com/


最後になりますが、ブルワリーでは少量ですが、ボトルの販売を行ないます。
CultivatorとBlack Swordが、各5ケースずつだけとなりますので、売切れ次第終了となります。

作業や出店の都合で、変則的な時間帯になっており申し訳ありませんが、ぜひお立ち寄りください。


長々とお読み頂き、ありがとうございました。よろしくおねがいいたします!


2017年4月25日火曜日

Local Collaboration Beer!

茅ヶ崎の"Barbaric Works"とコラボレーション ビールを仕込みました。

仕込んだのは、4月初頭。

Barabaric Worksの、このレタリングはCINEMA CARAVANでもお馴染みの
丸画伯によるものです。


けど、その前にBarabaricのブルワーの永石さんがヨロッコに来てくれて色々イメージを交換し合ったり、レシピを詰めていったりという時間がありました。


僕ら2つのブルワリーの共通点はというと、まずリーフホップを使うこと。


この日も仕込みが進む傍らでは、リーフホップを手作業で揉む集団が(笑)。



 
Barbaricの設備はうちの約2倍の大きさ

Barbaricでは、使うホップは必ず手揉みして、香りがよ〜く出るようにしてから使います。


永石さんのリードで、仕込みは順調に進みます。

二人で話して決めたのは、まずビールのスタイルは軽めのIPA(いわゆるセッションIPA)にしようということ。

リリースはちょうどゴールデンウィークあたりになるから、その頃に飲んで気持ち良い、爽やかで何杯も飲めるようなビールにしようということ。

ブルワーから見ると、コラボレーションの面白いところは、両者の擦り合わせというか、アプローチや技法の融合だと思います。
僕は割と大ざっぱなイメージでレシピを組むのですが、永石さんは僕より細かい(もちろん良い意味で)し精緻にレシピを組むようなイメージです。モルト/ホップ/水/酵母、お互いの知識や経験を交換し合って決めました。これが色々と勉強になるんです。

そんな二人で楽しみながら、とても繊細に決めた部分もあるし、その場のノリで決めた部分もあるしという感じで進んだこのコラボレーション。


仕込みはみんなの協力もあって順調に終わりました。

もちろん、その日はゴールデンバブとバルパンチョをハシゴして、しこたま飲みましたとも。



10日ほどして、発酵も落ち着いたとの連絡があり、茅ヶ崎まで様子を見に行きました。


この間もビールの面倒を見てくれていた永石さんに感謝。

イメージした通りに、綺麗に発酵していました。

この日は、ドライホップのレシピを決めて、あとは永石さんに託して僕は退散。

コニーくん、ケイスケくんホップ揉みありがとうございます!


今回のホップの配合は、割とオールドスクールというか、 二人とももとHomeBrewerでもあるので、ChinookやCascade,Centennialといった昔からお馴染みの"C-Hops"に少し新しいホップも加えたものになってます。



しかしながら、仕込み中も何度も思い返していたのですが、2012か2013年頃だと思いますが、Barbaricの主宰のパンチョくんは、ヨロッコが開業間もない頃から長靴持参で訪ねてきてくれて、「いつか自分のブルワリーをやりたいんですよ!」といって、ヨロッコに何度も通ってくれた時期があるし、ゴールデンバブのみんなとも、バルパンチョのみんなとも、色んな思い出がありますし、そんな皆さんで作り上げた"Barbaric Works"というブルワリーで、今回コラボレーションさせてもらうことが出来て、本当にリスペクト!で感慨深いひと時でした。

だから僕の中では、お互いを祝福し合うような気持ちで仕込んだビールです。

このコラボレーションは、決してBeer Geek向けのハイパーなスペックの コラボビールではないですが、僕らが今時期に飲みたいもの、そしてお互いのローカルの皆さんに飲んでほしいものをという気持ちで作ったビールです。


世の中には色んなカタチのコラボがあると思いますが、僕にとってはこんなローカルで地に足ついたコラボレーションが一番です。




長く暑苦しい説明になりましたが、ビールは爽やかです。

ゴールデンウィーク中にゴールデンバブ・ビーチマフィンはもちろん、映画祭とか色んなところで飲めると思います。





ビールの名前は今回はヨロッコでつけさせてもらいました。

ベタなんですが、「Coast Line」です。

逗子と茅ヶ崎は同じ海岸線なんで。

(余談ですが、逗子と茅ヶ崎の間には、鎌倉・藤沢・辻堂といった町がありますが、それぞれビミョーにことなるローカルな風土がありますよね。だから、これからもっともっとブルワリーが増えると楽しいな〜と思ってます。それがいつかこの辺りのブルワリーのテロワールになると思います。)

ビーチタウンのレイドバックした軽めのビールですが、僕らのPassionはたくさん入ってると思います。
あとホップもたくさん。


ぜひ、飲んでくださいね。











2017年3月31日金曜日

2017 April. 4月の営業予定

早いもので、もう4月ですね。

ヨロッコタップルーム(@ビーチマフィン)の4月の営業予定です。
Yorocco's Tap room Schedule (at Beach Muffin cafe)

1(sat) 14:00~22:00
2(sun)  12:00~18:00

8(sat)   14:00~22:00
9(sun)  12:00~18:00

15(sat)  14:00~22:00
16(sun)  12:00~18:00

22(sat)  14:00~22:00
23(sun)  12:00~18:00


ゴールデンウィークの営業については、また改めてお知らせさせてください。


また、よくお問い合わせを頂くのですが、いま現在、ボトルの販売は休止中です。
ご了承ください。
すみません。

いま色々試行錯誤中です。
気長にお付き合いいただけたら幸いです。


近辺で、ヨロッコを樽で提供しているお店リストです。
ビーチマフィン以外にも、飲めるお店はたくさんあります。

菜音(藤沢)
オイチイチ(鎌倉)
マグネチコ(鎌倉)
The BANK(鎌倉)
ブルームーン逗子
スパイスツリー(逗子)
Days 386(葉山)
風ら坊(逗子)
シネマアミーゴ(逗子)
ビーチマフィン(逗子)

*常設でないお店も含まれます。



今週の作業の様子


2017年3月9日木曜日

Best beer in the country 2017/Ratebeer

ヨロッコの"Cultivator"が、世界的なビール評価サイト「RateBeer」から、2017年のBest Beer in the countryという賞を頂きました。








https://www.ratebeer.com/ratebeerbest/BestBrewers-Country2017.asp


日本のBest Breweryは志賀高原ビールさん。これは不動です。リスペクト。

光栄なことなので、ここに記させて頂きました。

2017年3月2日木曜日

2017 3月の営業予定

2017 March
Yorocco Tap Room Schedule
(in Beach Muffin cafe)

4(sat)   14:00~22:00
5(sun)  12:00~18:00

11(sat)  18:00~22:00
12(sun)  12:00~18:00   19:00~ Live

18(sat)  14:00~22:00
19(sun)  12:00~18:00
20(mon)   Taco event??? coming soon...

25(sat)  14:00~22:00
26(sun)  12:00~18:00


上記の予定は変更になる場合があります。

11日(土曜日)はいつもと違って、18時からの営業となるのでご注意くださいませ。


逗子の子どもたちと一緒に収穫した柑橘で仕込んだビールも、
もうすぐ繋がりそうです。


2017年2月4日土曜日

2017 Feb. 2月の営業予定

今月のヨロッコタップルームの営業予定です。

Yorocco Tap Room Hours in February:

4(sat)   14:00~22:00
5(sun)  12:00~18:00

11(sat)  14:00~22:00
12(sun)  12:00~18:00

18(sat)  14:00~22:00
19(sun)  12:00~18:00

25(sat)  14:00~22:00
26(sun)  12:00~18:00






今週から、フランスはアルザス地方からのホップ「トリスケル」を使ったセゾンが繋がります。

ぜひとも!





 





2017年1月20日金曜日

2017.Jan.Yorocco's Tap room hours

遅くなりましたが、一月のタップルーム営業予定です。

Yorocco Tap Room Schedule:

21(sat)   14:00~17:00  "Annual Chili Contest"
              17:00~22:00  Tap Room Hours
22(sun)   12:00~18:00


28(sat)   14:00~22:00
29(sun)  12:00~18:00